blog index

出会いと恋愛と結婚に関する心理分析

出会い・恋愛・結婚、どれをとっても上手にコミュニケーションをとっていくのは、難しいですね。さて、その心理は・・・。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
セックスにおいて最も大切なことは相手を信じること
これまでに、初級編としてのセックスについてのお話をさせて頂いてきました。様々なセックスがあり、セックスに関しての価値観がありましたね。まあ、初級編と言っても本当に“初めのはじめ”の段階でのお話であるので、テクニックやハウツー指導のようなものではなく、どちらかというとセックスに関しての見方や考え方いついてテーマを掲げた内容が置かったと思いますが、何事も基礎が大事です。

よりよいセックスをするために、愛情を追求するセックスをするために、肉体的な開拓を追及するセックスをするために、精神的な安らぎを追求するセックスをするために、全ての価値観に置いて、それぞれが求める幸福感あるセックスをするために必要なことを、今回のセックスについて初級編の締めとして最大のポイントであり、セックスをするうえで忘れてはいけない大切なことをお話しさせて頂きたいと思います。

…それは“相手を信じる事”です。一言で「相手を信じなさい」と言葉に出すことは簡単ですよね。誰だって言うだけなら言えます。しかし、このたった一言に、セックスをする上で無くしてはいけない、人として「良かった」と思えるセックスができる要素が含まれているのです。

「相手を信じるってどういうこと?」と質問されたら、「すべて」と答えます。セックスをする時は、全面的に相手を信じる事です。普段の生活の中で、「浮気しているんじゃないか」とか、「もしかしたら自分が上脇相手なんじゃないか」とか、「自分に何か隠しているんじゃないか」というようなことから、「こないだ電話していた異性とはどんな関係なのか?」「携帯にロックかけているのは、見られたくない何かがあるんじゃないか」とか、大きな疑問から小さな疑問が幾度となく出てきてしまうことも少なくないでしょう。

疑問はいつしか疑惑に変わり、こんなこと聞いて嫌われたくないという小さな葛藤ですっきりしないモヤモヤを抱えてしまうこともあるでしょう。…まぁ、交際する際の大前提として、そのような疑惑は常日頃からきちんと聞いて解消していくことが1番ですが、セックスの際にまで尾をひいてしまうようでは、心から満足でいるような快感を得るのは難しいと思います。

自分の心に蓋をしろと無理な強制をしているのではありませんが、セックスの時には、「好き、愛している」の相手への愛情に意識を集中して、今、こうして目の前にいてセックスをしている相手を心から信じることが大切だということを言いたいのです。

そのためにも、セックスをする前に疑問があるならば、その場で聞いてしまう勇気が重要になってくるでしょう。モヤモヤを抱えたまま流れでセックスに入ってしまえば…やはり心から満足でいるような快感を得るのは難しい…という結果になってしまう可能性が大きいです。

一言で言うのは簡単、本当に感じるのは難しい“相手を心から信じること”、セックスをしていない普段の生活で意識していく方が良いかもしれませんね。皆さんが、好きな相手との「良かった」と思える最高のセックスを、心から願います!


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セフレと恋人の切り分け方について
皆さんの中にセフレがいらっしゃる方はいますでしょうか?セフレとは、セックスだけの関係、つまりセックスフレンドですね。恋人でもなく、心で繋がる友達でもなく、あとくされなくセックスだけをする関係のことですが、世間的には白い目で見られがちなこの関係、お互いの感覚・感性・価値観等が一致している中で成り立っているのであれば、個人的には別に悪いことでも何でもないと思います。

まぁ、これまた個人的な話ではありますが、私は愛情が無いセックスだけの関係には興味はありませんが、実際にセフレがいる友人も数多くいますし、彼等や彼女たちを非難する気持ちはありません。しかし、中にはセフレと恋人と友人関係の線引きがまったくなっていない方も実際に知り合いにいるので、そのような方を見ると何となく空しく感じることがあります。

セフレの関係を作りたいのであれば、セフレとしてのポジションを割り切って考えられるタイプじゃなければしない方が良いでしょう。また、自分はきちんとした線引きができ、楽しく大人としての関係を作れるタイプであっても、セフレになった相手も同じタイプでなければ、後々、必ず面倒事が発生して生きにくい状況を引き起こしてしまう危険性があるので、十二分に気を付けて頂きたいと思います。

普通の恋愛関係であっても、問題ごとは勃発することが多いかと思いますが、それでもきちんとした“彼氏彼女”という“恋人関係”ですので、お互いが意識して解決・解消していくために、時間や気力を使うのは基本的には当たり前のことではありますが、これがセフレとの問題ごとになると、話がややこしく…そして面倒なことになってしまうでしょう。

彼女がいた上でセフレを持っていた場合、セフレとの問題ごとは彼女の問題ごとと被った時にはほとんどおケースで2番目においやられてしまうので、解決・解消までにかなりの時間がかかるでしょう。

だってセックスだけが目的のセフレなのですから。心のつながり、日常生活での繋がり、将来への繋がる可能性がある恋人を最優先にするのは当たり前です。そこで自分たちの関係の線引きができなかったセフレがしゃしゃり出てきた場合、守りたい恋人関係の崩壊へ引き金をひかれてしまう危険性もあるでしょう。

「そんなに失いたくない恋人がいるなら、初めからセフレなんか作らなければいい!」との非難の声がありましたら…まさしくごもっともな意見です。しかし、恋人とセフレを分けて、心と体のバランスを保つタイプの方もいることを否定する権利は誰にもありません。

ここは自分の考えとは全く違う脳のシステムを持っている人もいるんだなぁくらいの気持ちで良いのではないでしょうか。知り合いにセフレと恋人との関係を維持している方がいたら、面倒事にならないように祈ってあげるくらいの大きな気持ちでいましょうね。

最後に、恋人とセフレを持って生きている方々へのアドバイスです。条件さえ一致すればセフレの相手は誰でもいいはずですので、「ちょっと違うな」「セフレと恋人の線引きが出来ていないな」と感じることがあるセフレは、面倒なことに時間と気力と恋人を奪われないためにも綺麗にお別れして、新しいセフレを探した方が良いかもしれません。健闘を祈ります。


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アダルトビデオがセックスのお手本ではない!
皆さんがセックスをする時、何か勉強をされたり参考元があったりしますでしょうか?男性の方はアダルトビデオを見ている方も多いでしょうが、まさかアダルトビデオを参考にしたセックスをしたりしてらっしゃる方はいませんよね?

「アダルトビデオで勉強してセックスしている」「セックスって学校で教わるものでもないし、アダルトビデオ以外で教えてくれるとこなんてないでしょう?」と反論される男子陣の声が聞こえてきそうですが…もし、皆さんの中でアダルトビデオを参考にしたセックスをしてらっしゃる方がいるならば…今すぐ方向転換をした方が良いかもしれませんね。

中には、アダルトビデオのようなセックス自体に興奮する方もいるので、正確に言うならばアダルトビデオのようなセックスがいけないと言うことは出来ません。ただし、男女ともにアダルトビデオのようなセックスに興奮するタイプであることが条件になりますね。片方が興奮して片方が引いているようなセックスでは長続きする関係にはなれないこと、それは皆さんもお分かりになる感覚ですよね?

人の興奮するポイントや感覚、または感じるポイントや感覚は10人十色、人それぞれです。アダルトビデオが参考になれるケースは低いことが多いのです。なぜなら、アダルトビデオは1本1本が、1人の趣味・1つの興奮ポイントでしかないからなのです。

いくら数え入れないアダルトビデオそれぞれの中から、自分が「これだ!」と思う選りすぐりの部分を集めたセックスをしたところで、それもその人1人の趣味趣向の世界です。相手と一緒に見て、「あれが良かった」とか「これも良いね」と話し合って組み合わせた内容でなければ、1人で満足する為だけのセックスになりがちなのですから。

まぁ、恋人同士で大量のアダルトビデオ見ながら研究をしていくようなカップルも珍しいですが、アダルトビデオを参考にしたセックスをしたいならば、恋人同士で研究するのがベストでしょうね。

もしくは、普段のセックスの中でのオプション目的のような感じに、「今日は俺が興奮するセックスにしてみても良い?」とか「私が興奮するようなことをしているアダルトビデオをみたんだけど、それみたいなセックスしてみたいな」というようなアダルトビデオの使い方は良いかもしれませんね。

1番怖いのは、アダルトビデオの中の女優さんが大声を上げて感じていることが、全ての女性に通用することだと勘違いしてしまうことです。セックス未経験の方に多い勘違いです。また、女性側でも、アダルトビデオ女優さながらの大声や激しく積極的なセックスをすることで、全ての男性が喜ぶと勘違いしてしまうことも危険ですね。

そのような姿にどん引きするという意見を持っている男性も世の中には存在しいていますので、このようなことから、アダルトビデオを参考にすることはおススメではありません。相手の温度、興奮を感じながら、お互いが本能のままに感じ合えるようなセックスを手探りしながらするセックスの方が、よっぽど興奮を感じるでしょうし…何より愛情を感じあえるセックスになるのではないでしょうか?


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セックスは焦らずいこう!
セックスについての最大のアドバイスは“焦らない”ということです。

セックスに至るまでの経過もそうですし、セックスを開始してからの手順について、にも言えますね。好きだと言う気持ちや、セックスをしたいと言う本能が強くなってしまうと、強い興奮が先走ってしまい、頭の中ではこうしようああしようと考えていたことも吹っ飛んでしまう時があるでしょう。

要は“がっついてしまう”ことです。せっかく好きになった相手と付き合えることになっても、その喜びに理性まで失ってしまい、がっついて相手に接してしまっては「体目的なのか?」と思われて引かれてしまう可能性は大きいです。

相手も同じ気持ちで同じ温度を持ってくれているのであれば問題はないのですが、何せ付き合い始めだということを忘れないようにした方が賢明でしょう。長く楽しい交際をするためにも、初めは肝心です。焦らずゆっくり恋人との時間を共有していきましょう。

時間をかけるべきところはきちんと時間を使うべきです。お互いの熱い感情が十分に温まったところでセックスに至るのがベストではないでしょうか?

また、あまりにガツガツしたセックスをしてしまうと、「慣れてないのかな?」と思われてしまう可能性は大きいです。最悪、セックスが下手な人だと判断されてしまうこともあるので、焦って独りよがりな達成感を求めてしまったようなセックスは何の得にもなりません。

ほんの一瞬の絶頂感を得られるだけで、もしかしたら次回の絶頂感までかなりの時間が空いてしまうことだってあるんですよ?「次の絶頂感まで時間が空くってどういう意味?」と首を傾げられる方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に説明すると、焦りの上から独りよがりにがっついたセックスをしてしまい、相手を満足させることも出来ず…相手が「もうこの人とはしたくない」と去ってしまった場合です。

また新しい出会い、付き合うまでの時間、いざセックスへ…となるまでに、また1から進めなければいけなくなってしまう状況のことですね。“急がば回れ”とは良く言ったものです。焦る気持ちを抑えてこそ次があると思いましょう!

なかには、そのがっついた感じが興奮すると言うような相手もいるかもしれませんが、そのような方と出会う確率を期待するよりも、常日頃から自制心を鍛えることに意識を向けた方が良いかもしれません。

現代社会では、男性よりも恋愛やセックスに積極的な肉食系女子も増殖していますので、今回のお話は、何も男性だけに向けて話していることではありません。「セックス前は盛り上がっていたのに、セックスしたらいつの間にか疎遠になってしまった…」といようなことに心当たりがある方は、もしかしたらがっついた独りよがりセックスに没頭してしまっていた可能性はあるかもしれません。

少しでも心当たりがあるかもしれない…と感じた方、これから恋愛をされる方、これからセックスの機会が控えてらっしゃる方、良いですか?決して焦ってはいけませんよ?よほどの事情が無い限り、相手もセックスの機会もにげたりはしないでしょうから、じっくりゆっくりまったりと、時間と愛情をかけて進めていきましょう!


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
愛のないセックス
皆さん、セックスはしていますか?してらっしゃると答えられた方、セックス相手に愛情はありますか?声を大にして「愛している」と言えますか?…って、何だか下手な恋愛心理テストのような、くだらない恋愛小説のような書き出しで、若干恥ずかしさを感じていますが、今回のテーマは“愛のないセックス”ですので、このような質問からスタートさせて頂きます。

実際のところいかがでしょう?愛のないセックスに時間と体力、そして気力を費やしていらっしゃる方はいらっしゃらないでしょうか?「愛のないセックスって?」と聞かれる方もいらっしゃるかもしれませんので、ここも簡単に説明させて頂きますね。

愛のないセックスとは、大きく分類して、“お金目的の売春セックス”、“スポーツ感覚のセックス”、気持ちは無くなったのに夫婦としての“義務セックス”、弱みを握られた“代償セックス”、気持ちの冷めた恋人に別れを言い出せず、そのままセックス生活も続けてしまっているような“流されだらだらセックス”…といったところでしょうか。

皆さん、このようなセックスに心当たりはありませんでしょうか?まぁ、弱みを握られた“代償セックス”に関してだけは、セックスの代償に守りたい秘密や状況があるのでしょうから、これだけは例外かもしれませんね。

そのほかに説明させて頂いた愛のないセックス達は、“自分の意思”次第で、いくらでも状況変更することが可能なセックスになります。愛のないセックスを繰り返すような生き方も、それと引き換えに得られる状況を失いたくない気持ちが大きいのならそれもまた1つの生き方かもしれませんが、愛のないセックスを繰り返す状況を変える為の話し合いや意思を伝える行為に費やす気力が疲れる、もったいない、面倒くさいという理由が愛のないセックスを続ける生き方であるならば…それは怠けでしかないような気もします。皆さんはどう思われるでしょうか?

いくら状況変化に気力・体力を失われる…と言っても、そう長く耐えなければいけないものでもないでしょう。その場を乗り越えさえすれば、より良い人生を得られるのであるならば、そこは気合を入れて乗り越えるべきことではないでしょうか?

もし、現在進行形として愛のないセックスに強いられた生活をしている方がいらっしゃいましたら、個人的にはその方の背中を押したいと思います。今回の話とは少し意味合いが変わってきてしまうかもしれませんが、“時は金なり”という言葉があるように、時間はお金では買えないかけがえのないものです。

年月が経って、「あの時、こうしておけば今は違った…」ですとか、「結局こうなるんだったら、あの時こうしてさえいたら良かった…」と後悔しても、“時すでに遅し”かもしれませんよ。仕事でも恋愛でも、人生において10年前、あの状況を変えておけば、10年経った今はもっと良い状況になれたと感じたことはありませんか?

「10年前に戻ってやりなおしたい」という感覚を元に、今が10年先の未来からタイムスリップした10年前だとイメージしてみましょう。そう考えるだけでも、物事の考え方が変わると言われています。怠けや弱気に負けず、今こそが10年後の未来から戻ってきた10年前と思いましょう!きっと皆さんの状況がより良いものへ変化するきっかけになれると思います!


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セックスでお金を稼ぐということ
前回の“セックスをスポーツにしない”というお話の続きにあたるようなお話が、今回のテーマ“セックスでお金を稼ぐこと”についてです。

皆さん、売春行為についてどのように思われていますでしょうか?どちらかと言うと、女性が体を売ることが多いかと思いますが、正直なところ差別的な目で見られている方が多いかと思います。しかし、世界で最も初めに出来た商売が“娼婦”だったという話を聞いたことがありましたが、何となく納得してしまう自分もました。それくらいに世界中の過去から現在に至るまでの人類の歴史背景の中で繰り返されてきている事実があったからだと思います。

日本でも江戸時代では地方の貧しい農家から借金の方に吉原に売られた女郎の話は数えきれないくらいありますし、ヨーロッパでは王室や貴族に仕える高級娼婦という位まで与えられた売春婦の話も有名ですよね。

昔は貧しい女性が体を売り、お金や権力、位を持っている男性が女性を買い、貧富から生まれる上下関係が売春という商売を成り立たせてきていました。それはそれで、お互いがある意味“生きる為”として、人間としての生き方も成り立っていたような気がしますが、現代社会の売春事情は違います。

確かに、まだまだ発展途上国として頑張っている国での激しい貧富の差に売春がはびこっている国があるのも現実の話ですが、先進国日本での売春事情は悲しい…いや、はっきり言って呆れるような現状であることを知って頂きたいと思います。

明日のご飯を手に入れる為、幼い兄弟を養うため、病気の親を助ける為に売春行為をするような女性は、今の日本にどれくらいいるのでしょうか?実際に売春をする理由がそのような理由だった場合、「まっとうな仕事で稼がない怠け者!」と罵るつもりは全くありません。

きっと色々な状況で究極の選択を強いられた子もいるはずですから。そのような子は、本当に必死で生きているんだと尊敬の念すら感じます。しかし、新しい携帯が欲しいだとか、109で洋服をたくさん買いたいとか、友達とカラオケに行くお金が欲しいだとか、ブランド品がほしいだとか…最悪な理由としてホストや好きな男性にプレゼントしてあげたいからと、誰に強制されたわけでもなく、自ら進んで短期間で高収入を手っ取り早く手に入れたいと言う感覚で売春行為をしているような子には、情けない…というようり、本当に呆れてしまいます。

人生を甘く見すぎていると思います。今はノリやその場の雰囲気、時代、周りの友人との世界観等で安易な気持ちでいるのかもしれませんが、大人になるにつれて、いつかきっと後悔を抱える日がくるでしょう。「減るもんじゃないし」の台詞、前回もお話ししましたが…減るんですよ!気付かぬうちに、どんどん心が減っているんですよ!

お小遣い欲しさに援助交際をする、若く幼い女の子たちは…今日もどこかで自分の父親と大差ないおじさんに抱かれているのでしょう。セックスとお金の繋がりで得られるものは…心の崩壊であること、心が壊れる前に気付いてほしいものです…。


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セックス=スポーツにしない
世間的に肉食男子、肉食女子と呼ばれるような方に多い傾向ですが、セックスをスポーツ感覚にしてしまっている方が多くなってきたような気がします。

「スポーツ感覚のセックスって?」と疑問に思われた方に簡単に説明させて頂きます。例に挙げるスポーツ競技は対戦ものであれば何でもいいのですが…そうですねぇ、では、個人テニスの練習試合を思い浮かべてください。相手は誰にあたるか分かりませんが、お互いの技を掛け合い、勝ち負けや技術や力を競って気持ち良さを感じるような爽やかな汗をかきますよね?

実際に本気で勝ち負けにこだわる場合はいろんな感情が含まれてしまいますが、爽快感とリフレッシュ感を得る為に趣味として行う場合、スポーツとしてのテニスは最高のストレス発散になるでしょう。

それをセックスに当てているイメージですね。要は、好きとか愛しているという感情から行うセックスではなく、性欲発散から得られるストレス発散や汗を流す目的から行うセックスのことです。

中には、ホルモンを出してより魅力的になるために行う方もいるようです。…まぁ、正直言ってそのようなセックスでもお互いが割り切って同意の感情・感覚で行えるのであれば、それはそれで良いのかもしれませんが、どちらか一方に相手に対する感情がある場合、もしくはスポーツとして割り切っていたはずなのに途中から感情が芽生えてしまった場合は、少しだけ自分や相手の感情生理に面倒が生まれてきてしまう可能性もあるでしょう。

そこも上手に解消できるだけの精神が出来上がっているならば、もう何の意見もありません。そういう生き方もあるのですから、自分の感覚を貫き通して楽しい人生を思いっきり欧亜して頂きたいと思います。

しかし、問題なのは、心の奥底では感情を持っているのにも関わらず、自分の生い立ちや現状の環境、人間と向き合った結果傷になってしまった心のトラウマを紛らわすために、セックスをスポーツにしてしまっている方ですね。

それは自分の心をごまかしていることになるのですから。自分の心を守るようで実際は心を壊すことにもなりかねない危険な行為です。また、セックスの真意を分からずに、本能の赴くままセックスにのめり込んでしまっている方も、自分が本当に求めているものが分からなくなってしまう可能性も無いとは言い切れません。

セックスは体と体の行為ではあります。よく、風俗嬢や風俗に通う方が「減るもんじゃないんだから」という台詞を聞きますが、そこは違うと思います。自分の性格として本当に割り切った感覚を生まれ持っている方以外、心のないセックスをすると…体は減るものではないかもしれませんが、確実に“心”は減ると思います。大切な心が欠けてしまうと思います。

だから、体を売ってしまう方には心を病んでしまう方が多いのではないでしょうか?本当に減るものでないのなら、お金になってお財布が満たされるのですから、心が壊れてしまうことはないのではないでしょうか?

強がったり、弱いふりをすることに甘えたり、自暴自棄になってセックスをスポーツ感覚にしてしまっている方は、もう1度、自分の心を見直して頂きたいと思います。本当の楽しい人生、明るい人生は誰にだって手にする権利があるのですから、自分で自分を下手に隠して生きるのではなく、きちんと向き合ってみる勇気、時間を使ってみましょう。

また、今はそんな状況とは無縁の方であっても、誰もがそのような状況に陥ってしまう可能性はあるので、皆さんも自分と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか?きっと明日の空が違って見えるはずですよ!

超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
現代社会の初体験について
思春期に入ると、必ずと言って話題になるのが“初体験”ですね。皆さんの中でも、若かりし…そして青臭い学生時代、初体験について友人たちと盛り上がった記憶がある方も少なくはないかと思います。

同世代、または年近い知り合いが初体験を経験した時、焦りを感じたり口に出せない興奮に頬を染めたりしたものですよね?「俺、実はとうとうヤッちゃった…」「私…初体験しちゃった…」と、誰かの一言を皮切りに、行為の感想を聞きたくて一気に質問攻めをする未経験者の仲間に、まだまだ卑猥な単語を口にするのが慣れていない中で、「あれ」とか「そこ」とか「あそこ」とか、比喩的表現で回答されると、その比喩表現に対して妄想力に拍車がかかり、より一層の興奮と好奇心を掻き立てられたことでしょう。

なつかしい青春時代の1ページを思い起こさせるような話、“初体験”が今回おテーマなのですが、…皆さんの初体験はいつだったでしょう?10代でしたでしょうか?20代でしょうか?…まぁ、そこは人それぞれであると思います。

個人的な感覚ですが、私のまわりでの初体験平均年齢に関しては早すぎることも遅すぎることもない気がします。しかし、最近、少し心配なことがあります。ティーン紙や女性誌などで、円グラフになっている“初体験の平均年齢”って良くみかけますよね?…年々、初体験を経験した平均年齢が低くなってきているようですが、その点についてはいかが思われますか?

私は、中学生で初体験を経験した方が世間的一般論から言わせれば「早すぎる」と思われる傾向が多かった世代なのですが、現代社会の初体験では、小学生低学年、中学年…という子たちも少なくないらしいのです。

…これはいくらなんでも「早すぎる」と感じますね。性器が未完成な状態での性行為に、何の意味があるのでしょう…。ましてや精神面もまだまだ未熟な小学生、心も身体も未完成状態で行うセックスは、今後の人生での価値観や感覚、そして肉体・健康面での意味合いでもデメリットが大きすぎるのではないかと感じています。

テレビの慎太番組で、「援助交際の世界では中学生は金額が落ちている、小学生には負ける」と言っているモザイクのかけられた援助交際をしている女子中学生のインタビューを見たことがあります。胸が痛いと言うよりも、無知の行動に呆れると言うか、空しさすら感じました。

好きな相手が出来て…その相手に触れたい、セックスしたいと感じるのは人間の自然な本能ではありますが、その行為を本当に心と体で感じるためにも、その感じるだけの心と体の準備が必要なのです。

「皆やってるから」「自分だけ置いてかれたくないから」…というような単純な感覚でセックスをする子供が出てきているそうですが、そんなくだらない焦りや理由でセックスに挑戦してほしくは無いですね。

せっかくの素敵な楽しい幸せになる行為なのに、中途半端な好奇心で初体験を経験した結果、未熟な性器に支障がでてしまったり、その支障が原因で病気を発症させてしまう危険性もあります。

また、気持ちの良い行為も気持ちが良いと感じられる状態が備わっていない中で迎えた初体験が原因で、その後成長した体でも気持ちが良いと感じられない…不感症になってしまうきっかけとなってしまうこともあるようです。

これから初体験を迎える子供たちには、絶対に焦らず、周りに流されず、準備が整った状態で迎えてほしいと切に願います。


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セックスOkサインの見分け方
相手のOKサイン、つまりはセックスの同意ですね、このサインをもらったら…もう行くしかないでしょう。何の問題も障害もありません。思いきり愛し合ってください。

しかし、そのOKサインを見極めるのが少々難しいかもしれません。こちらはてっきりOKをもらえたと思っていざ行動に移そうとしたら…まさかの拒否。頭にハテナがたくさん飛び交ってしまうでしょうね。この時の相手の心理とはどういうものなのでしょうか。

皆さんの中に、お分かりになられる方はいらっしゃいますでしょうか?まぁ、同性同士であれば何となく理解できる話や理由もあるかもしれませんが、異性のそのような行動にはハテナしか浮かばない方が多いのではないでしょうか?「その気にさせといてそりゃあないよ…」「する気が無いくせにどうしてここまで許したのか?」「もう、どう考えたってOKサインにしか受け取れなかったのに、どうしていざとなってから拒否するの?」と、頭の中では悲しみよりも…もはや怒りに近い感情が出てきてしまうかもしれませんね。

今回は男女別にOKサインの見分け方ポイントのご紹介です。「普通、こうなったらOKってことでしょ?」と思っていたことが勘違いだった可能性もあるでしょう。これも全ての人に当てはまることではありませんが、多少なりともOKサインの見極め方としての参考にはなるかと思います。

まず、男性の場合…雰囲気や場の流れでセックスに行きつくかもしれない状況を拒否する方は少ないでしょう。できることならセックスしたいと思うのが男性の中に埋め込まれている本能ですからね。もうすぐセックスになるような状況で拒否する男性はほぼ皆無です。

もし、その気がなかったり、セックスまでしたいと思っている訳ではない男性は、初めからOKサインと間違えてしまうような行動はしないでしょう。滅多に拒否をしないであろうそんな男性に急に拒否されたとしたら…セックスする気持ちはあったのに、事前で下半身が萎えてしまうようなことがあった時に限るかと思います。

顔を近づけた時の彼女の体臭がキツかったですとか、産毛が生理的なタイプの男性が、少しはだけた彼女の肌をみて、かなりの剛毛だと知った…時など、外見的、嗅覚的に性的興奮や高揚を落とさせてしまうような時には、せっかくのその気もなくなってしまうことはあります。

その気に見せかけておあずけされた状況になった場合、原因は女性側にあることが多いので、日頃から手入れなどに気を付けるように意識していた方が良いですね。ただ、男性側のOKサインと違って、女性側のOKサインを見極めるのは少々難しいかもしれません。

夜に男性の家に誘ったら付いてきてくれた…これはもうOKってことでしょう?と思うように、どう考えてもOKって意味じゃないの?というような行動、素ぶりをした女性に手を伸ばしたら…「そんなつもりじゃない」とか「そんな気はなかった」と、本気で拒否されることもあります。女性がその気かその気じゃないのかを判断する基準としては、少しずつ女性の体に触れ、相手の反応をみて進めていくしかないでしょう。

少しずつであれば、相手が本気で拒否した時でも「ごめんね、冗談」で逃げることも出来るので、ちょっとずるいやり方かもしれませんが1番無難な見極め方として参考にしてみてください!


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
セックスレスになってしまうのは…
雰囲気も悪くないのに、恋人や伴侶にセックスを拒絶された経験がある方はいらっしゃいますでしょうか?実際にそのような経験がある方は、「え?何で?」と困惑と苛立ち、そして悲しみと不発感の混ざった何とも言えない複雑な心境になるでしょうね。

お気持ちお察しします。個人的にも相手の体調不良や心の問題で拒絶された経験は少なからずありますから、あの煮え切らない心境を持たされたことがあります。

まぁ、我々人間は精密機械ではないのですから、ほんの少しの肉体的、精神的衝撃でどこかしらに支障が出てしまうのも仕方のないことですよね。拒絶された経験はあるものの、逆に拒絶した経験はない!と断言できる方もそんなに多くは無いでしょう。私も拒絶してしまったことはありますからね…。

自分が拒絶するときにはそれなりの理由を自分で把握しているので、申し訳ない気持ちはありつつも「したくない時はしたくない」を通してしまう方が殆どでしょう。しかし、相手に拒絶されたときには…自分が拒絶したことがあることを棚に上げ、「少しくらいの体調不良でも反応してくれないのは、その程度の気持ちなのか?」ですとか、「自分に魅力がなくなったのだろうか…」ですとか、最悪の場合…被害妄想タイプの方は、即座に「浮気しているんじゃないか」と疑心暗鬼までも持ってしまうことがあるでしょう。

人間は本当に身勝手な生き物であります。それでも、時間や日をまたいで相手の体調・心境が整えば、何事もなかったようにセックスをしあう…まぁ、そうなるのなら良いですよね。それなら、“セックスを拒絶された経験がある”で、おさまりますが…厄介なのは拒絶が続くことです。そうです、セックスレスです。

恋人間は法的には何の保証もないので、たとえ片方の拒絶が続いたところで全く問題がありません。ただ、夫婦間の場合、離婚の条件で“セックスレス”が立派に通ってしまうくらいですので、法で守られるほどにセックスには重要性があるのでしょうね。

少子化社会ですからそれも必要なのかもしれませんが、それだけではなく、人間本能としても重要なものであると把握することも必要でしょう。セックスを拒絶してしまう方には、あまりセックスに興味がないという方もいるでしょう。

しかし、相手が求めてくることに動物的イヤラシさや嫌悪感を待たないで頂きたいですね。セックスは人間にとって大切な行為であることの認識だけでも頭のどこかに置いておくことで、嫌悪感も面倒くささも少しは楽になるのではないでしょうか?

拒絶されてしまう相手の方は、1回2回ではなく何度も拒絶されるようになった時、原因を探ることを心掛けてきましょう。セックスをしたことが無いわけではない関係の恋人や夫婦間で、拒絶が続くようになるには、何かしらの原因があるはずです。

「相手のことは好き、ずっと一緒にいたいと思っている…、だけど、どうしても相手の口臭が耐えられない」ですとか、「いつも痛いと感じるセックスで全然気持ちよくない。でも相手が好きだからこのまま関係を持っていたい…」というように、好きだからこそ言えない理由がある可能性が高いです。

「生理的に無理」と言われたら…もう、パートナーを変えるしか方法は無いでしょうね。それでも、幸せなセックスがある人生に変えるきっかけになることは間違いありません。良くも悪くも、きちんと相手に理由を聞き出すことが、セックスレス人生解決の糸口になるでしょう。


超安全!ネット出会い術
| torunadia06 | - | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

bolg index このページの先頭へ